FC2ブログ

プロフィール

美音

Author:美音
性 別:男
属 性:M・・・かな
小悪魔に振り回され辟易しつつも,小悪魔のことを愛してしまい,小悪魔の虜状態です

小悪魔にとって私は
奴隷→友人→彼氏みたいな者→ステディ
と変化してきています


FC2カウンター


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小悪魔の告白と小悪魔への告白以降
というわけではないとは思いますが,周辺に少し変化が出始めました

きっと,告白するような関係になってきたから
そして
小悪魔が私に少し気を許してきたからでしょうね


店が終わってから,お茶に行ったり・・・
彼女の仕事時間中でしたが,出張の土産を渡したり・・・
そんな時は店の下のコンビニで待っていました
(私もけっこうヒマだったのね)

「送り出し」(お客を店の下・ビルの外までお送りすること)のときに
他の店の女性とばったりとか・・・あって
その女性が店に戻って「待ってるよぉ」って言うこともあったようです


というわけで,ママをはじめとしてお店公認っぽくなっていきました

店としては,客として来てくれる限り,どちらでもいいのかもね><


そして,次第に
射精管理も下着管理もなくなっていきました^^


それでも「ご主人様」と呼んでいましたが^^;
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

小悪魔と出逢って,半年ちょっと過ぎた頃の話です

その頃
私は小悪魔のことを好きになっていました(*^ ^*)
小悪魔もそれをわかり始めていました

ヘタレな私は何度も告白しようとして,タイミングを外していました
小悪魔は
「今日も言いそびれたね」
とからかいます

そしてある日
「美音に話しておかなきゃいけないことがあるの」

彼女の事情を話してくれました
要するに,「今は付き合えない」ということです

たしかにホステスをするのに理由があるんですね

私は
「でも,君のこと好きだから」
(やっと口に出せた♪)

小悪魔は
「美音が待ててくれるっていうなら,止めないけど」
と言ってくれたのですが
「あんたが勝手に待ってるだから,私は知らない・・・
 とかはナシだよ」
と確認すると
「まじめに話していることだから,
 そんな無責任なことは言わないよ」
とたしなめられ
「わかった・・・・じゃあ待つことにする
 待ってていいの?」
と聞くと
「うん」
との答えでした


この日から長い長い待ちの日々と苦悶と葛藤の日々が始まりました・・・
ヴァレンタインの日にやられました・・・・
とはいえ,気持ちが急にもとに戻るわけでもないし
実際,今の仕事を立ち上げるのにホントに忙しかったし
私からのメールも途絶え気味で,小悪魔は放置状態でした


仕事の打合せの後、友人と飲みに出ましたf^^
3軒ほどクラブ(踊る方ぢゃありませんよ)に行ったのですが
最後の1軒!小悪魔の店にいったときです

彼女でも愛人でもありませんし
休みが合うと,一緒に食事に行ったり,買い物に行ったり
仕事やプライベートな愚痴を聞いたり,という関係
がずっと続いています><
お店のママもその関係を知っています

小悪魔はゆっくり話がしたかったらしいのですが
ホワイトデーは時間が合わずに会えず、
ヴァレンタインデーに会ったっきり・・・

いわゆる「放置」?


店にはいると、微妙に怒り顔f^^
「美音,時間とってくれない!
 もう,なんかむかつく
 最近,メールも雑だし・・・」
と、小悪魔の手は握りしめられ拳状態・・・

「ごめんごめん」と言いながら、
涼しい顔をして,友人とともに歓談
そのうち
「やっぱり、むかつく」
と私の太ももあたりを,軽くグーで叩きましたーー;

「時間をつくらない私が悪いから
 パンチが足りないなら,もっとしてもいいよ」
で、そのまま歓談f^^
歓談中もときどきパンチf^^

最後の方は、ママの前でも
肩の後ろ側を、何度となく思いっきりグーで殴られました・・・
(痛いってぇーー;)

ママ「ボコっていったよ。美音ちゃん,大丈夫?」
私 「いいよ、放っておいたから、これぐらいの怒りはいいよ」
ホントはよくない・・・かなり痛いし(T_T)


店を出る頃には、彼女の目は涙でいっぱいになっていました


店を出てしばらくしてから
「本当に淋しいんだから。バカバカ」
とメールが来ました><


彼女のパンチは、
放っておかれて寂しかった子供が、甘え方がわからず親に駄々こねる・・・
そんな感じの意味だったのかぁ・・・
(違ってませんよね?)


なんだか心が痛かったパンチでした

数日間,肩は肉体的にも痛かったですーー;
とはいえ
反省です
2004年某日にLOUIS VUITTONデビューしたわけですが
とはいっても,ダミエのブロードウェイとジェロニモス・・・

カバンだけLOUIS VUITTONにしても,他は今までと同じですから
なんかアンバランス


それに
「頑張ってLOUIS VUITTONのカバン(だけ)買いましたぁ♪」
っぽいのもイヤでしたから
小物を買い始めました

タバコ入れやネクタイから始まって財布やシャープなども
手帳も買ったのですが,外だけLOUIS VUITTONというのもイヤで
リフィルもそして手帳用のボールペンも・・・
気づくと小物はLOUIS VUITTON・ダミエにほとんど変わっていました

購入した日に彼女がしばらく使っていたモノグラムの同じ品と交換したこともありました
タバコ入れとポーチだけですが

ただどちらも,マジックで彼女の落書きがあります
「××(小悪魔の名前)の奴隷」とか
「××(小悪魔の名前)から美音へ」とか・・・


ある日,ブレスが欲しくてLOUIS VUITTONに行きました
そして,電話で小悪魔に「何色がいい?」と
事前にブレスを買うと言ってあったので
「黒がいい」とのこと^^

彼女の親友と一緒にお茶をした後で
(その時も,下着は指定されています><)
黒のスハリのブレスを渡しました

小悪魔は,LOUIS VUITTONのブレスだとは思っていなかったようで
とても驚いていました^^;
そして
「ブレスありがとう!大切に使うね。」と
喜んでくれました

今でもオフで会うときはペアで使ってます


外見上は,LOUIS VUITTONモノで固め始めた私ですが,
事実上は,段々と小悪魔色になっていきました^^
小悪魔は少しだけブランド好きです
世間で時々みかける極端な「ブランド好きっ子」ではありませんが
やはり,女性ですから(?)ブランド好きです
でも,いいものならブランドぢゃない方が安いので,その方がいいみたい


出逢った頃,彼女の愛用していたカバンは,
LOUIS VUITTONのダミエラインのノリータでした

小悪魔の話では
LOUIS VUITTONのあるカバンが欲しくて店に行ったんだけれど
そのカバンがなかって,がっかりしながら店内のディスプレイを眺めていたら
すっごく可愛くて気に入ったので,「ノリータ」を買ったそうです
確かに,ダミエは人気です(でした?)からねぇ

私もずっと使えるようなカバンが欲しいなぁって思っていました
といっても、ブランドなんてよくわからないし・・・
エルメス,LV,ダンヒル,アルマーニ・・・名前ぐらいは一応知ってます
でも,モノグラム,ダミエ,タイガ,エピ・・・はぁ??????
でした


とくに好きなブランドがあるわけでもないし,彼女がダミエなのでダミエにしました
で,雑誌とかを見ながらよさそうなカバンを探しました
ダミエのブロードウェイを買うことにしました^^


私のLOUIS VUITTON好きは,ここからです^^
小悪魔の誕生日と私の誕生日は結構接近しています
お祝いしてくれるとのこと^^

食事は,彼女と初めて会った店にしました
一応,彼女もそれを覚えていました


小悪魔からもらった初めての誕生日プレゼントはふたつ

ひとつは携帯ストラップ(?)・・・
プレートに自分で文字を掘ったモノ
そんなサービスというか,体験ができる店があるのね
プレートに「××(小悪魔の名前) DOREI」と書かれていました
これは今でも,キーホルダーに付いています^^


もうひとつは・・・
女性用下着とベビードールでした^^;


そのようなモノでも,うれしいものです
店に入ってからも,一応お祝いしていただきました


あ・・・・ありがとう^^
小悪魔にも誕生日があります

そんな日は意外と
「誕生日の日店来い!」
こんな感じのメールです

最近は,私が前振りをしますから
こんなメールもないです><

小悪魔と出逢って,初めての誕生日プレゼントは
「エルメスのバッグ(フルトゥー?)」でした
なにせ,知り合って初めての誕生日ですから,気合いが入ってます

事前に
ブランド店を巡り歩くというわけにもいきませんし
結局,どこかのブランド品ディスカウント・ショップに行きました
その種のお店なら,一通り品物もそろってるし・・・

エルメスのフルトゥ(?・布のカバンね)が欲しいということがわかりました


誕生日にエルメスに行ったのですが,例のカバンがありませんでした・・・
(事前に買っておけよって突っ込まれそう)
モタモタしていると,約束の時間になってしまうし・・・
で,結局
そのカバンを見たディスカウント・ショップに行きました
直営店じゃない店で買うことに,かなり抵抗のある私ですが
背に腹はかえられません
そこで買いました

私が買うとき,他の女性が違う色の同じカバンを買っていました
人気のカバンなのね・・・・


なんとか約束の時間に間に合い,誕生日のお祝いをしました

この日の間で,凹む一言
「直営店で買えなかったんだぁ
 アソコ(ディスカウント・ショップ)で買ったなら
 他の(もう少し高い)カバンにしてもらってもよかったな・・・」

まぁ・・・・いつものことですけどね><
小悪魔はときどき甘えてきます(*^0^*)

「チョット精神的につらいから今度愚痴聞いてよ」
「また愚痴聞いて!」
「今日から仕事憂欝・・・」
とか
「地震やだ。なんで,あんた近くにいないの!」
とか
「もぉ!美音のせいだからね!(-_-メ」とか

ごくまれに直球で
「早く美音に会いたいな」
とか
いってくれます
ホントにこれは滅多にありません

ほとんどは
私が悪いことにされちゃう形で甘えを表現します
小悪魔はとっても優しい部分もあります^^

たとえば・・・
「毎日ちゃんとメールしてくればそれでいいの!」
とか
「最近メール雑!ストレスたまってない?」
とか
病気のときは「ひどいの?大丈夫?」
「薬とかのんでるの?」とか
仕事がハードなときは「最近は遅いよね!きおつけてね」
「私もがんばってるから美音もがんばれ!」
とか
「がんばってる?この間イベントで写真とったよ。今度みせるね」とか

店に行くときには
他の客の同伴が入りそうでも,
「いいよ。美音にあわせてあげる。」と
私を優先しようとしてくれます


とっても気を遣ってくれます
(ほんとに滅多にないけど><)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。