FC2ブログ

プロフィール

美音

Author:美音
性 別:男
属 性:M・・・かな
小悪魔に振り回され辟易しつつも,小悪魔のことを愛してしまい,小悪魔の虜状態です

小悪魔にとって私は
奴隷→友人→彼氏みたいな者→ステディ
と変化してきています


FC2カウンター


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再び日をあけて,店に顔を出しました

その日は,他の店に行った後で,幾分酩酊気味な私でした
飲みに来たというより
ほとんど,酔いを覚ましにお茶を飲みに来た感じです
時間も遅く,私以外もう一人



続きを読む »

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

先日の主任の誕生日イベントで
小悪魔は張り切りすぎた(気を遣いすぎた)小悪魔は,
どうやらその反動が出たようです
(それによる周りの迷惑は,小悪魔による迷惑で書いたとおりです)

疲れたとか,熱っぽいとか,鬱だとか
仕事に行くのイヤだとか・・・
その都度,「大丈夫?」「無理するな」などと返事をするわけですが
はいはいーー;
愚痴ってもしようがないし
前向きに動かないと症状は悪化するのは当然
と思ったりもします

で,仕事の休みを(強引に?)もらって
海外にいる友人のところに遊びに行ってくる
とのこと
おいおい^^;
ですが,小悪魔が元気になればそれでよし。
です

先日,気になって
小悪魔の店に顔を出したのですが
やはり,疲れた顔をしていました
仕事中とはいえ,あるいは仕事とはいえ
私のテーブルは,小悪魔にとってはくつろぎの場^^

小悪魔の許しがない間は帰れません><
ラスト(閉店時間)近くまで,帰らせてもらえず
小悪魔は,私が店にいる間中ほとんど,私のテーブルについていました

私がチェックを入れる許可をもらった頃には
小悪魔は,いつもどおりの顔になっていましたよ
少しは小悪魔のメンタル面での回復に,役に立てたかな^^
小悪魔の発言の中には
私には理解できないことが,たくさんあります

よくも解釈できるし
悪くも解釈できる
どちらに転ぶかは,そのとき次第です


一緒に食事をしていたときのこと

「私は,あなたに逢いたいと思えば
 時間を作って,同伴すれば,平日でも逢えるけど
 あなたにはそんな選択肢はないよね
 逢える逢えないは,いつも受け身になるわけでしょ?
 逢いたいって思うときはどうするの?
 っていうか,そもそも逢いたいって思うことある?」
と聞いてみました

「逢いたいってよりも
 美音にすっごい話したいって思うこと,あるよ
 でも,私,電話嫌いでしょ
 だから,我慢してる
 どうしても話したいときは,電話するじゃん」

というのが,小悪魔の答えでした


「話したい」って思われる相手であることに喜ぶべきなのでしょうね
とはいえ

「話したい」と「逢いたい」
この言葉にはどんな差があるんだろう?

あえて表現を変えたということは,やっぱり両者には違いがあるんです


相手に対する想いが違うのでしょうか・・・

私はいいようにあしらわれているだけ??
しばらくして
ママもK子も他のテーブルへ移動,ヘルプの子が隣に座る
そのままヘルプの子相手に,話の流れを崩さずにしました


続きを読む »

小悪魔の要求水準は,基本的に高い気がします
特に仲のいい人に対しては,その傾向が激しくなります


小悪魔と部長は仲がいいみたいです
ですから
小悪魔の勤める店の部長にも要求が高いようです

小悪魔から「喧嘩した」メールの類がきます
「上司(?)にはこんな風に振る舞って欲しい」が
あるみたいで
立場の違いから,言い合いになるみたいです
(一応,相手は年上なんだから,程々にねぇ・・・^^:)


小悪魔の店に行くと
部長や主任がついてくれることが多々あります
そのときに,部長が話してくれることがあります


先日,小悪魔が珍しく
「私って,そんなにきつい言い方する?」
と聞いてきました
正直に
「うん(きっぱり)」
と答えると
不安そうな顔をしていました

「それが,あなたのいいところだから
 それに,そういうことは仲のいい人にしか
 ってか,こうあって欲しいって人にしか
 言わないでしょ?」(私)
「そりゃあ,そうだよ」(小悪魔)
「だから,私に対しても
 『私の男はこれぐらいできてよ!』
 って感じになるんでしょ?」(私)
「うん
 美音は仕事をちゃんとこなすから
 それにについては,心配してないし・・・
 この店でも
 他の女の子がついても,上手に対応してくれるから・・・
 でも
 美音が仮に他の店に行っても
 ホントは他の店に行って欲しくないけど
 美音には『あの人,遊び方が上手』ってなって欲しいし」(小悪魔)
「他の店にひとりで行かないから^^;」(私)

小悪魔の店の中で,私のしゃべりが下手だと
小悪魔はホントによく怒ります><


基本的に
「これが私の男よ」(自慢気)ってしたいのでしょう

小悪魔が一番心地よいように,私に振る舞って欲しいのでしょう

虚栄心を満足させるためというのか,それとも調教というのか・・・・
その判断は,人それぞれ^^;
小悪魔がテーブルを離れたとき
主任から
「美音さん,ちょっと説教」
と切り出されました
たぶん,小悪魔が迷惑をかけたのだろうと,速攻詫びです
内容は
小悪魔の都合で,もう少し遅い時間でもいいはずの美容院が17時になったこと
しかも,その時間に遅刻してきたこと
さらに
この日に小悪魔が着物を着たいこと
それを約束してしまったこと
それで私が買ってあげたこと
だから,今日は着物にしたけど
ホントは雨模様だったし,イベントでアルコールも多くなるから,着物は避けたかった
・・・・云々


ホント,うちの小悪魔がご迷惑をおかけしました
です


主任の誕生日ですから
当然,店はすぐに混雑します
Pさんと早めに退散ということになりました

Pさんはその後,2件まわる予定のようでした
小悪魔の店の後の1件は,私も知っている店で,ママとは10年来の知り合いです

今回
Pさんには迷惑をかけたこともあり
Pさんが誘ってくれれば,一緒にその店には行こうと思っていました

ところが
小悪魔は,「別に行かなくてもいいじゃん」という反応
あの・・・
私もおつきあいってものがありますから・・・
Pさんには小悪魔の店のイベントに付き合ってもらったわけですから・・・
誘われて行かないわけにはいかないでしょう・・・
その店は,小悪魔と知り合う前からの店ですしねぇ・・・
と抵抗,それでも
送り出しのとき,小悪魔は
「美音はまっすぐ帰るんだよ」と

Pさんから,やはり誘われました
もちろん,小悪魔には内緒でお伴しました
Pさんは,この店に行くのまでダメっていうのは,おかしいと不思議がっていましたよ

その店では,少し眠くなっていたのもあり
お茶を飲みながら,1時間ほど歓談して,私だけ失礼しました
Pさんは,その店の費用は要らないといってくれたのですが
もちろん
支払いましたよ
おそらくその時点でワリカンした費用よりも多めのお金を


後ほど
店が終わって,アフターというような時間帯でしょうか
Pさんから電話があり
小悪魔の今回の所業に関してクレームを言われました


ながながと書きましたが
小悪魔が主任にお世話になっていて
それをなんとかお返ししようということ
着物を買ってもらって嬉しかったこと
これが空回りして
Pさんに,ママに,主任に,その他の人に
相応の迷惑がかかったようです
小悪魔のやったことは,ほとんど小学生です

Pさんにも言われたことですが
小悪魔はそのことにまったく気づいていません



そのことを言ったとしても
自分の正当性を主張するでしょう
それも,激怒しながらか,泣きながらか・・・

FemDomなのはいいですけど
これは矯正をしていかないといけないようです・・・><
ママもヘルプの子も来て,「脚フェチ+M男」談義^^;
ヘルプの子は幾分驚き気味
ママもK子(ナンバーワン)も含めて,そんな話をしているわけですから
「テーブルの下に潜って,脚を舐めちゃうよ」と
驚き気味のヘルプの子をからかってたりしました



続きを読む »

主任の誕生日の二週間ほど前に,店に行ったとき
小悪魔が,しきりに主任の誕生日にちゃんと来るか,私に念を押していました
まぁ
主任の誕生日にみんなで着物を着る
ということでしたし
私に着物姿を見せたいからと,軽く考えていました
小悪魔にとっては
日頃お世話になっている主任のイベントは盛況にしたいという気持ちが強かったのでしょう


主任の誕生日の一週間前のこと
小悪魔は,ママや友人のPさんたちと,同伴話ができあがっていること私に言わず,
「Pさんも,○日来るって」
とメールしてきました。
小悪魔の店に限らず
Pさんと私がお互いの予定を知らずに,偶然に店で会うということは
それほど珍しいことではありません
ですから,
私は「あぁ,同じ日になったんだ。じゃあ,Pさんと調整した方がいいかな」ぐらいの程度でした
その後,Pさんから電話があって
四人で同伴ってことになってることを,Pさんから教えてもらいました


小悪魔は,私に
ママと一緒での四人で同伴は疲れるからイヤなので,
別々に食事をしたいから,Pさんに頼んで欲しいと

小悪魔から四人の同伴を誘っておいて,
自分の緊張するから,四人の食事をキャンセルする

Pさんから見ると,親しくもない主任の誕生日にわざわざ祝いにいく義理はないのです
それを,
「私に買ってもらった着物を小悪魔が着るから」と「私が行くから」ということで
四人同伴ならと,承諾したことだったのです
もちろん
すぐにPさんに小悪魔のしたことにお詫びをいれ
小悪魔のわがままを許容していただきました


さて,前日
小悪魔からのメール「電話して」でした
ほとんどは,愚痴と翌日のスケジュールの打ち合わせでした
小悪魔は,結局ママの行く美容院ではなく
店の付近の美容院に主任と行くことになったそうです
予約は17時で
主任の同伴は19時
美容院の後主任の同伴時間まで,少し時間が空くので,3人でもお茶しようということでした
だから,18時ぐらいに逢う予定となりました

主任の誕生日
同伴までの時間,私はPさんと遊んでいました
そこへ,小悪魔からの電話があって
どうやら,小悪魔が美容院到着が遅れたのが原因で,美容院が押しているから,
私との約束の時間に遅れる
ということでした
それには,いくぶんあきれました
主任と一緒なんだろ?あなたが遅刻してどうするんだぁ?って

しばらくして,再び小悪魔からの電話
「デジカメに入れてあったはずのSDカードを忘れたから,買ってきて」
はいはい^^;
これぐらいは,いつものことですから><


小悪魔とのお食事
そりゃあ・・・
着物姿の小悪魔はあでやかでした
小悪魔の顔は,嬉しくて仕方がないって感じでしたよ^^


ほどなくして,店内でPさんも合流
小悪魔は,Pさんやママに着物を褒めてもらい
あわせて,私はからかいの対象

そして,主役の主任も登場
主任も着物姿で,いつもと違う雰囲気で,いい大人の女って感じ
となると
おきまりのシャンパン
私一人だったら,安めのシャンパンかワインだったのですが・・・
Pさんもいるわけで,高くなります
Pさんはそこそこのシャンパンにしてくれましたが,とはいえ安くはありません
あきらめているとはいえ,
今回のあおりを受けたPさんも私も辟易気味

(続きます)
小悪魔の気まぐれで,周りが迷惑することがあります
本人はそのことに気づいていません


ことは主任の誕生日(イベント)にからんで,発生しました
(以後,「主任の誕生日(イベント)」は単に「主任の誕生日」とします)


発端は,着物です
(<小悪魔とのWD>の冒頭部分の内容です)

3月の某日に,小悪魔が,着物を店の主任と見に行きました
そして
私が店に行ったとき
主任が同席している中,着物出勤で小悪魔を中心に話が盛り上がり
主任の誕生日のときに,みんなで着物を着ようって
まぁ
それがきっかけで,小悪魔には着物を買って差し上げたわけです
それはそれでいいです
小悪魔が私におねだりしただけのことですから

問題は
「主任の誕生日」
「みんなで着物を着よう」
です


話はさらに発展していきます
着物を買った日からしばらくして,友人のPさんが,店に来たそうです
小悪魔は,
Pさんに「私に着物を買ってもらった」ことを
ある意味自慢していたそうです
(私にとってはうれしいことですが)
そのとき,ママはすでに私に着物を買ってもらったことを知っていました
そこから,話が盛り上がっていったようです

話の盛り上がりの中,主任の誕生日も近いことから
ママと小悪魔で,とくに小悪魔主導でPさんに営業がかかりました
つまり,主任の誕生日に来て欲しい,ということです
話の「釣り」は
「小悪魔が着物を着る」し,「その日,美音も来る」ということでした
Pさんは,私の顔を立ててくれ承諾したようです

その場の話では
ママが行く美容院では,格安で着付けもしてくれる
だから,ママと一緒に小悪魔もその美容院に行って,セットと着付けをしてもらい
その足で,四人(ママ,Pさん,小悪魔,私)で同伴する
ということになったそうです

(続きます)
その後,私がMであることを知っている
よき理解者(?)としての仲のいいホステスと客(?)の関係
に落ち着きました

そのため,時々,
店のテーブルの下では,K子は脚を伸ばし,私が足裏マッサージとかをさせてもらいます
また
K子は,私の粗チンを脚でまさぐったりします^^
あるいは
「おっきくしてるんじゃないの?」といって,手でズボンの上から粗チンを触ったりします
(この辺の詳細も別の機会にということで^^;)



続きを読む »

先日,小悪魔とアウトレット・モールに行ってきました^^

少々以前に,「GWは,空いてないよ」と言っていた小悪魔ですが
「美音,GWにどこか行こうか」とお誘いメール
もちろん,私は即OK

昼過ぎから
彼女の新しい愛車で,出かけました
私の車で行こうとしたのですが,どうやら試運転がしたかったようです


もちろん?
私が待ち合わせの場所に着くまでに
あれ持ってきて,これ買ってきての指示はありましたよ
こういうときは,軽いパシリですから^^;


移動中
「今日は,昼夜兼用の食事を夕方にしようね」
とのこと
夜,遅くならずに戻って,小悪魔は夜食に食べたいものがあったそうです


到着すると
彼女は,買いたい物があり,まずはその物色^^;
何軒かまわり,買いたい物とは関係なさそうな女性服のお店も物色
ひたすらお伴です

小悪魔も気を遣ってくれ
途中で休憩を入れたりしましたし,何軒かは私のみたい店も寄ってくれました


モールが終わる1時間ぐらい前になり
ようやく,小悪魔の欲しい物の最終選考が始まりました

フィッティング・ルームに入り,試着しては
「これはどう?」で
その度に感想
もちろん,私はフィッティング・ルームの外で待機
(でも,これは嬉しいことですよね?)

で,気に入ってもサイズがちがうようだと
「美音,これのM持ってきて」
その都度取りに行って,ドア越しに渡します
そして,その後感想


終了時間まで残り20分
小悪魔も気を遣ってくれました
「美音,買いたい物あったら,買っておいでよ」
と^^
「ここにいるよね?」と念をおして
急ぎ,目星を付けておいた物を購入にダッシュ

10分少々で戻ってみると,小悪魔が店にいません
他の店に行ったのか?と移動しようとすると
店の外のベンチに,小悪魔がポツンと座っています
しかも,買い物袋がありません

「どうした?」と聞くと・・・
途中で,どう服を合わせていいのかわからなくなったそうです
それで,買い物すべてをやめてしまったようです

10分少々とはいえ,そして,小悪魔の許しがあったとはいえ
彼女から離れ,自分の物を買いにいってしまったため
小悪魔は,見立てをし,買い物の背中を押す人間がいなくなってしまい
買い物ができなくなってしまったようです
(きっと,私というスポンサーを期待していた人間がが不在になったせいもあります)

一応,小悪魔貯金もありますし
多少のカンパは覚悟していたので,お金については心の準備をしていました
ただし,小悪魔が一言いうまで,待ってはいましたけど^^;
結局,彼女はそのことは言いませんでした


店から車への帰り道
小悪魔はしょんぼりとしていました
モールが終了するまで5分ほどあります
私は
「5分あるから,今から走っていって
 (小悪魔が購入を)決めてた物だけでも,買ってくるから
 これを持って,ここで待ってて」
と言い
私の荷物を渡そうとしました
しかし,小悪魔は
「いいよ。。。美音。。。
 今から行ったって,間に合わないし。。。」
と,私は
「そんなことないだろう
 まだ,行けるって!
 待っててよ」
と励ましましたが,答えは「NO」でした
どうやら,決めていた分に合わせてその店で他の物も買いたかったようです

帰り道,小悪魔を慰め
「また行こうね」ということで
少し元気になって,小悪魔は帰宅しました
別れ際,小悪魔はずっと私に手を振ってくれていました


1時間ぐらいは食事と,私のみたい店に寄ってくれた時間を除くと
小悪魔は,4時間近くもいろいろ物色していたので
最後の1時間では,最後のサイズ合わせとか品定めだけだろうと私は思っていました
でも
どうやら,ずっと欲しい物とは関係なさそうなものも物色していたようで
欲しい物の絞り込みはしていなかったようです。。。
買い物時間も予算も無限ではないので
ちゃんと考えておこうよ・・・
小悪魔の発言は微妙なものが多いです

素直に言えないからなのか
言質をとられるのがイヤなのか
弄んでいるからなのか
よくわからないです

どう解釈するかは,人によって違うでしょうし
私自身,気分というか気の持ちようによって,変わります


先日,友人のPさんと会いました
Pさんは
小悪魔と私が出逢うきっかけをつくった人で
私の遊び友達です

そのPさんが
「おまえら,つきあってんの?」
と一言
もちろん,「おまえら」というのは,小悪魔と私のことです


思わず
「ん~~~わからない」
と答えました

Pさんの反応は
「相変わらず,微妙な関係が続いているんだなぁ」
でした


もちろん,付き合っていると答えにはほど遠い状態><
それに
オフのデートはほとんどなく,年に数回・・・


小悪魔と逢ったとき
「Pさんに,おまえらつきあってんの?って聞かれたよ
 わからないって答えちゃったよ
 付き合ってるっていうのも違うし,付き合っていないってのも違う
 だから,正直にわからないって言ったよ」
と話し

小悪魔に
「同じ質問がきたら,どう答える?」
と聞くと

少し考えた感じで
付き合ってる。。。みたいな感じ
 って答えるかな」


ん~~~~~~~
いつもながらの曖昧さ

とはいえ
少しは前進した感じ?

きっと以前なら「つきあってないよ」って言いそうでしたから><


普通のカップルですと
「知り合い・友人 → 付き合ってる・恋人」
へ移行していく期間は,それほど長くはないと思います
移行しなければ
「→」ベクトルはなくなるでしょう


この長さには,いい加減,イヤになるときもありますよ^^;
次はK子との話
K子が今の店に来るずっと前の話



続きを読む »

今年も小悪魔と桜見に行ってきました
とはいえ
同伴です><

昨年,一緒に行った場所でした
まぁ
桜見というより
桜満開の下での屋台を物色したという感じです^^;


花見の後,食事に行ったわけです
いろいろな話の中で
先日のアフターでの粗相について
(少なくとも小悪魔は全面的に私が悪いと思っています)
まず,お詫びの言葉を入れました

すると・・・
小悪魔の表情が一転
ひどく怒った顔です
そして
「そのことは,もう言わないって,美音が言ったんだよ!
 なんでぶり返すの!」



え????
私・・・そんなこと言ってませんけど????
ごめんとは言ったけど・・・
「今日のことは水に流してあげる」
って言ったのは
あなた(小悪魔)ですよ???

もう・・・いいです・・・・(T_T)


呼称の件について,話そうと思ったのですが
あの夜に関連する話は,小悪魔にとっては一切御法度のようでした
呼称について何も言えませんでした

そして,話をつなげられず
私は黙り込んでしまいました


少しして,小悪魔が怒りを振り切るように
まったく別の話を切り出し,その場はおさまりました


なんで,そんなに怒るんだろう・・・って思います
しかも,最近すぐ怒るし・・・・><

そんなに酷いことをした記憶がない^^;
お互い,どこかで無理をしているのかな

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。