FC2ブログ

プロフィール

美音

Author:美音
性 別:男
属 性:M・・・かな
小悪魔に振り回され辟易しつつも,小悪魔のことを愛してしまい,小悪魔の虜状態です

小悪魔にとって私は
奴隷→友人→彼氏みたいな者→ステディ
と変化してきています


FC2カウンター


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきつけのLOUIS VUITTON路面店が改装をはじめました。
それに伴って,
担当も他の知り合いのスタッフも
他の店舗に移動になりました。
しかも
路面店に彼らが戻ってくるか不明だそうで,
ふらっと買い物ができなくなります。


小悪魔にその話をしたところ

「いいじゃん。
 美音は
 (LVのモノ)
 いっぱいもってるし。」
とのお返事。
確かに。。。です。

とはいえ,一応
「そんなことないけど。。。
 そろそろ
 (そこでの買い物も打ち止め)
 って感じかなぁ」
とつぶやくと
「そうだよ!
 美音
 (要るモノ)全部買ったでしょ」

次に私に言わせたいことは予見可能ですので
「で,
 次は,『私のモノ』って言いたいんでしょ?」
ときくと
「当然でしょ。
 後は,私に買えばいいでしょ。
 そしたら
 美音の大好きなLOUIS VUITTONへも行けるしね。」

わかっていながら
小悪魔に,追い込まれていきます。

最後の抵抗として
「でも
 ネクタイぐらい
 年に1本ぐらいは買いたいし。。。」
と。

これは失敗でした
「美音。
 そんなにネクタイ使わないでしょ?」
小悪魔のカウンターが入ります。。。><

「うううう。。。。
 そうだけど。。。
 た。。。たまには。。。新しいの使いたいし。。。
 2~3年に1本ぐらいは。。。。
 ダメかなぁ。。。」

弱気です。

「しょうがないなぁ。。。
 それぐらいなら
 許してやるかぁ
 でも
 私の分は毎年だからね。」
小悪魔のお許しが出て,決着でした。


感想で
「絶対に,私が負けるよね?」
と言ったところ。

小悪魔
「美音。
 自分が負ける方がいい
 って言ってたでしょ?」

「まぁね。
 その方が落ち着くし。。。」
小悪魔
「じゃあ
 それでいいんじゃない?」


ずっとこんなぐあいです。。。。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。